恋愛引き寄せ体質になって年収1000万円の彼氏と結婚する法則

2019年12月02日

わかってない人ほど、偉そうに批判する…!

ああ、ネットビジネス?あれって「ずるく中抜きする、虚業でしょ?」って、ほぼ、面と向かって言われたこと、ありますww

それを言って来たのは、長年の知り合いでありながら、
ネットのこととか、アフィリエイトのことなんて一切知らず、現金主義で、「人との対話・温かみ」が大事、とのたまうタイプの人。

確か、私より年下なんですけど、
とにかく「ネットで稼ぐなんていうのは、汗水たらしてないからダメ」なんですって。
その割に、「お金がない、不景気、稼ぎが少ない」と、ずっと文句言ってる。

こういうタイプの人って、ネットでお買い物しないんですかね…
尋ねると、Amazonでは買う、のだそうです。

「中抜き」で儲けるっていうのが、「企業の片棒担いでるみたいで嫌だ」ってことらしいんですけど、
「中抜きが悪」って、どこでどう思い違いをしちゃったんでしょうね。
っていうかそれでよく、社会人やっていけてるなぁ…って思ってしまいます。

そういう対象として、私も意地が悪いけどw、観察させてもらうことにしてます、今は。

企業が、利益を積んでいく、その過程で、経費として原材料費・流通にかかるお金…とか、間に業者も入ってるわけですよね。
広告だって、お金がかかってる。

最近、自身の器用さでいろんなアクセサリーとかを作ってるアーティストに対して、「これって原材料費で言ったら200円くらいですよね?高くないですか?」とか「100均で売ってるものでできてるんだから108円で売るべき!」みたいなことを言ってくる人がいる…というのを見ました。

たぶん、どこか具合が悪いタイプの人だと思いますw

わかってないというか、知らないんですよね、世の中の仕組み、の一つも。
小学校での馴れ合いみたいなのが社会だと思ってる。
そしてそれこそが平等で、自分は不遇、なんですよ、彼ら彼女らにとっては。

そういう部分から、「政治が悪い」「アベガー」みたいな予備軍に、なっていくんですかね…

ネットで稼ぐ、は、
「人の役に立って、自分も嬉しい」が可能です。

商売、ビジネスって、古来からそういうものでしょう?
それが、遠隔を含めて、手軽に誰でもできるようになった、ということですよね。

喜びこそすれ、批判してるのは、自分が「ついていけてなくて、スネてる」ってことです。

うまくいって、まっとうにお金が入って来て、納税もして、まっとうに生活できるようになれば、そういう人らは黙っちゃいます。
無視するに限る。

私は、付き合いを続けて観察し続けてるんですけどね、そういう人らも。






posted by ボウイ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: